マルストップページへ戻る

「真心で届ける福祉支援」心が希薄な時代。私たちが届けたいのは真心です。

福祉衛生事業

ウイルクリンは、CAT理論で有効成分がウイルス・菌・花粉などに吸着して破壊します

参考 CAT理論とは?>>


【本品が抗菌効果を持つ菌・ウィルス】
多剤耐性菌(MRSA等)、大腸菌類(腸管出血性大腸菌O157)、ジオネラ菌類、結核症原因菌、緑膿菌類(病院感染対策菌)サルモネラ菌類、黄色ブドウ球菌(食中毒原因菌)コレラ菌類(食中毒菌)黒コウジカビ、白癬菌(水虫原因菌)、流行性感冒原因ウィルス(インフルエンザ香港A2型)、新型インフルエンザ(H1N1)、鳥インフルエンザ(H5N3)、ヘルペスウィルス(口内炎、角膜炎の発症)、ロタウィルス(冬季下痢症)、ノロウィルス(ネコカリシウィルス代用)などに対して有効性が確認されています。

全国各地で流行警報・注意報が発令中です。お住まいの地域の流行状況をご確認下さい

国立感染症研究所 インフルエンザ流行レベルマップ最新版 詳細はこちら>>
東京都におけるノロウイルス感染性胃腸炎の流行状状況 詳細はこちら>>

●冬はインフルエンザ、ノロウイルス大流行の季節。今年は特にノロウイルスと新型インフルエンザが猛威を振るっています。お年寄りや小さなお子さんばかりでなく、忙しい主婦や社会人にとっても、ウイルス感染はやはり避けたいもの。

●ウイルスを家庭や職場に持ち込まない、家族間でうつさない為に、感染防止のポイントは湿度と空気抗菌です。ウィルクリンは噴霧器や加湿器に入れるだけの手軽な方法で、お部屋全体のウイルスや細菌を殺菌し、抗菌空間にすることができます。

●手軽で安全、抗菌効果が高いので、保育園・老人ホーム・塾・エステ・クリニック・自衛隊などでも使用されています。

●空気中に浮遊する花粉にも高い効果があります。花粉症でお悩みの方、空気清浄機だけでは十分効果を実感できない方はぜひお試しください。

※厚生労働省インフルエンザQ&A>>

室内に噴霧するタイプの殺菌・除菌剤はたくさんありますが、室内を「抗菌」できるのはウィルクリンだけ

「除菌」の効果は一時的。ウイルクリンは「抗菌」です!

【除菌ってどういうこと?】
除菌とは、人体や物から一時的にウィルス・細菌類を他の場所へ移動させることです。ウィルス・細菌類は死ないので、「一時的に」菌やウィルスを取り除く効果しかありません。

【本品の抗菌メカニズム】
本品の抗菌は、物や室内の空気に存在するウィルス・細菌類の発生・生育・増殖を抑制します。
一時的ではなく、その効果は数週間にわたり菌類が生存しにくい環境をつくります。
(殺菌・滅菌・消毒・除菌・静菌などすべての効果を意味します)

開発・発売の経緯など、詳しい情報はこちら>>

室内の空気をまるごと抗菌できる【ウィルクリン・ミスト】

加湿器(超音波式)のタンクに、水と一緒に投入するだけでお部屋全体を抗菌・小袋.tiff抗ウィルス空間にします。

ウィルクリン【ミスト】噴霧量30リットル分 ¥9,800(税込)
目安として1~2ヶ月分

※大量注文の場合は別途お見積もりさせて頂きます。
即日発送できます。ご購入はこちらから>>

抗菌空間スタートセット

高性能噴霧加湿器とセットになったスタートセットです。噴霧器は白かシルバーを選べます。

抗菌空間スタートセット
高性能加湿器+ウイルクリンミスト30袋(30リットル分)¥39,800(税込)

送料無料・即日発送できます。ご購入はこちらから>>

手軽に使えるスプレーボトルの粒子径は約10~20ミクロン。粒が大きいので遠くに飛ぶ前に下に落下してしまいます。超音波の力で成分を 約4~5ミクロン の超微粒子にして室内に優しく、そして効率よく噴霧します。噴霧した霧はすぐに見えなくなってしまいますが、成分は落下しないので遠くまで風に乗ってお部屋の隅々まで行き渡って空気を抗菌します。また床を濡らしたりすりことはありません。(ドライフォグとも呼ばれ、触れてもほとんど濡れない霧です)
超音波式ですので噴霧する霧は 熱くないのでヤケドの心配がありません。お年寄りや子供、ペットがいる室内でも安心してお使いいただけます。
ウィルクリン安全な成分から造られていますので、噴霧された霧を吸い込んでも健康に影響はありません。 また、間欠運転を利用して一日中電源ONで、いつでもクリーンな室内を保ちます。

これ1台で 約26畳 までの室内に使用可能です。

広めのリビングなどご家庭から、店舗やオフィス、老人福祉施設等でご使用いただけます。
(※設置空間の条件により適応面積が増減する場合があります)

多彩な運転モードを搭載

本機には液体節約のための2つの便利な機能が搭載されています。
●発生量調節機能・・・発生量を3段階に切り替えることができます。
●インターバル(間欠)運転機能・・・一定時間の運転・停止を繰り返し大幅な液体調節が可能です。
1分噴霧・3分停止(以降繰り返し)のインターバル(間欠)運転機能を搭載しました。他には1分噴霧・6分停止/1分噴霧・9分停止/連続運転 のモードがあります。
これにより消費量を最大1/20に大幅に減らす事ができますので、おサイフにやさしい機能です。もちろん補充の手間も減りますので、忙しいみなさんにもお使いいただけます。
※ウィルクリンは連続噴霧しなくても十分に効果があります。

Q&A お問合せいただいた内容をまとめました

Q1:消毒の臭いや違和感などはありますか?

A:噴出口に鼻を近づけて、注意すれば少し気が付くかもしれない、という程度です。
室内で気になるような臭いはありません。

Q2:すべての部屋に置かなければなりませんか?

A:まずは人が集まり、長く居る部屋などに置かれるのが良いでしょう。
お子様やお年寄りなど、抵抗力の低い方のお部屋にもおすすめします。
事業所ですと、受付や応接室に置かれるとさりげなく外部からのウイルス侵入を
防ぐことができます。

Q3:8帖くらいのリビングだと、一日あたりどれくらいの消費量
(費用)ですか?

A:噴霧器やお部屋にもよりますが、一日6時間使用で0.5リットル噴霧、
160円分程度かと思われますが、様子を見て調整してください。

Q4:ノロウイルスはあまり空気感染しないと聞きましたが?

A:残念ながら、空気感染による集団感染事例も多数発生しています。
ノロウイルスは感染力が非常に強いため、わずかなウイルスでも集団感染を引き起こします。
厚生労働省 ノロウイルスに関するQ&A>>

Q5:1パックがとても小さいですが、大丈夫ですか?

A:ウイルクリンは1パックが10mlで、これを1リットルの水に加えるだけです。
100倍希釈で効果が出るように濃縮した状態ですので、1パックは小さくなっています。
そのため1ヶ月分でも手のひらサイズですので場所を取らず、補充も簡単です。

Q6:あまり加湿すると、壁などにカビなどが発生しませんか?

A:ウイルクリンはカビ菌を抗菌する効果がありますので、むしろカビの発生を抑制します。

Q7:どのような加湿器、噴霧器でも使えますか?

A:加熱や自然気化による加湿器では使えません。お手持ちの加湿器が対応できるか
どうか分からないときはお問い合わせください。また噴霧器も取り扱っています。

Q8:部屋のどこに置けばよいでしょうか?

A:放出されたミストは、自然に部屋全体・平均的に広がる作用があるので、
どこでも大丈夫ですが、できるだけ空調の流れに沿った場所をおすすめします。

Q9:保管はどうすればいいですか?

A:直射日光のあたらない、常温の場所で保管してください。パックを開封して
いなければ1年以上効果を保ちます。

Q10:ペットに影響はありませんか?

A:人間同様、ペットも影響はありませんのでご安心ください。

Q11:パソコンや精密機器には影響ありませんか?

A:通常の使用ではまったく問題ありません。

Q12:飲食店ですが、店内で使用しても大丈夫ですか?

A:通常の使用ではまったく問題ありません。

●絶対に飲用しないでください。
●感染症の予防や発生時の対応につきましては、関係法令に従った対応を遵守してください。

お問い合わせ

使い方や設置方法、ご購入についてなど、お問い合わせは下記電話、メールでお気軽に。
担当がお答えいたします。

[電話] 042-516-8906 [FAX] 042-516-8908 [電話受付時間] 月~金 9:30~17:30

メールでのお問い合わせはこちらから>>
会社概要ご挨拶

ノロウイルスニュース

インフルエンザ関連ニュース

ノロウイルス、新型インフルエンザにおける経営上のリスク

■福祉・保育施設において発生し、罹患者や死者が発生した場合、本人や家族、場合によっては遺族との間で衛生管理体制についての責任問題が発生し、補償もしくは裁判になる可能性がある。

■施設内で感染者が発生した場合、二次感染防止のために施設もしくはその一部が一時的に使用できなくなる。

■場合によっては、施設全体が一時的に使用できなくなる。

■感染者が発生した場合は保健所への届け出が義務づけられており、保健所の立ち入り検査が行われる場合がある。

■一般の事業所でも、感染者が発生した場合は二次感染の恐れがあるため感染者の就業は1週間~場合によっては1ヶ月も不可能になる。

■施設内で集団感染が発生した場合、ほぼ確実に施設名や法人名などの実名入りで報道がなされ、風評被害などが発生する可能性がある。

         ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

とにかく、あらゆる手段を講じて感染、二次感染を防ぐべきです。

ニュース&トピックス